テスラに挑む、強気の中国・ドイツ連合のEVメーカー

テスラに挑む、強気の中国・ドイツ連合のEVメーカー

テスラに挑む、強気の中国・ドイツ連合のEVメーカーの画像

ドイツと中国で展開する新興EVメーカー、Byton。2018年のロサンゼルスオートショーでコンセプトモデルを発表、その後2019年のCESにも出展し、5万ドル以下で「世界最大の車内スクリーン搭載(縦約12センチ、長さ約120センチ)」の高級EVを発売する、としていた。

 しかし創業者の一人であり当時のCEOが昨年のロサンゼルスオートショーではあろうことかライバル会社であるファラディ・フューチャーのCEOとして登場するなど、内部で問題があることも浮き彫りになった。ちなみにファラディも創業者が「この会社に未来はない」と退任するなど、資金元の中国企業の業績悪化により浮沈の見られる企業だ。

 ロサンゼルスオートショーではその姿が見られなかったBytonだが、1月のCESでプロダクションモデルM-Byteを発表。中国南京には年間30万台の生産が可能な「インテリジェント・マニュファクチャリング・システム」を備えた工場がすでに完成しており、今年後半に発売を開始する、としている。

 新たにCEOに就任したのはダニエル・キルチャート氏。同氏はM-Byteについて「スマートEVとデジタルプラットホームを融合させた、世界初のホイールに乗ったスマートデバイスである」と強調した。来年以降量産体制に入る予定だという。

 そのプロダクトモデルだが、ロサンゼルスオートショーなどで発表されたコンセプトモデルと比較すると、やや角が取れたイメージがある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)