再出発カルマがハイブリッドにこだわるワケ

再出発カルマがハイブリッドにこだわるワケ

Revero GTS

昨年のロサンゼルスオートショーで新しい市販モデルとコンセプトモデルを発表し、エコカー戦線に名乗りを上げたカルマ・オートモティブ。前身はフィスカー・オートモティブで、同社の代表的な車だったカルマの名を社名に、中国万向集団の資本により再生した。

 一時はカルマを復活させる、としていた同社だが、2014年から「ハイテク・アーバン・トランスポーテーション」を提供するテクノロジー企業へと路線を変更した。現在の同社はテクノロジー、金融資本、エンジニアリングを3つの柱に挙げている。

 同社の市販モデルとして紹介されたのはRevero GTS、コンセプトはカルマSC2だ。どちらもEREV(Extended Range EV)、つまりマイルドハイブリッドを採用している。Reveroの場合、純粋なEVとして走行できるのは80マイル(126キロ)程度で、ガソリンを使ったジェネレーターのアシストで合計360マイル(576キロ)の走行が可能になる。

 カルマ社はCES期間中に開催された自動車マーケットリサーチ会社、TU Automotive社主催のコンシューマー・テクノロジー・ショーで基調演説を行った。その際に同社のエレクトリカル・エンジニアリング部門副社長、シェン・ザン(張抻)氏、社員統括のマイケル・エリー氏に話を聞くことが出来た。

 まずザン氏には、EVメーカーであったカルマがなぜハイブリッドシステムを採用することになったのかについて聞いた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)