明治人が中国で知った「馬鹿正直は決して最上ではない」という事実

明治人が中国で知った「馬鹿正直は決して最上ではない」という事実

武漢(昔の漢口)にかかる長江大橋( Wanhao Cai/gettyimages)

1910(明治44)年の暮れも押し詰まった頃、小林愛雄は上海に向かった。それから10カ月ほどが過ぎた1911年10月10日、長江中流域の要衝で知られる武昌で勃発した武装蜂起を機に清朝は瓦解し、アジア初の立憲共和政体の中華民国が生まれた。

 いわば小林は封建中華帝国に幕を引いた清朝の“黄昏の一刻”を歩いたことになる。

 異国への旅を前に小林は、「『人の眠てゐる国』がある。何億といふ人間が、何年も昔から高鼾をかいて眠てゐる国がある。その国には、何処まで探ぐつて行つても源泉が分らず、対岸さへもよく見へない大きな河がある。又その国には晴れた日にいくら望遠鏡で見ても山はおろか家も樹も見えない広い野原がある」との思いを抱いた。

 「その国」は世界の3大偉人の1人である孔子を生み、万里の長城を築き、数多の英雄・詩人を輩出したにもかかわらず、「今の人は何とも思はないで、うまい老酒や阿片の香にひたつて悠々と眠てゐる」と記した後、「その国の傍にあまり大きくない島がある」と続ける。

 「島の若者は、『人の眠てゐる国』から育てられたことを忘れ、近頃は遠い海を越した先の、『人の醒めてゐる国』を拝んで、模倣て、ひとりでえらくなつたやうに鼻をうごめかして居た」。ある日、「島の若者の一人がこの『人の眠てゐる国』へ旅をした。思ふには、『きつとガリヴ?ァが小人国へ行つたやうだらう』と」。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)