パナソニックが提案する新しいVR体験

パナソニックが提案する新しいVR体験

バーチャルリアリティアイグラスグラス

今年は東京五輪開催の年だが、CESの記者会見で五輪に際しての「チーム・パナソニック」イニシアチブを発表したパナソニック。マイケル・フェルプス、ケイティ・レディッキーらとチームを組み、様々な五輪へのPR活動を行う。中でも注目されたのはレディッキーとパートナーとなる「Dive into STEM」教育プログラムの展開だ。

 STEMとは理系教育全般を指し、今後全米の5つの地域の中学校を中心に、パナソニックのデジタル技術を用い、理系教育の重要性についての啓蒙活動を行う。

 STEM教育は今後のテクノロジーの発展のための基礎となる。米国ではIT企業の人手不足が深刻で、今後5G、コネクテッド、IoT、AR、VRなどの開発がますます盛んになる中で、早期に人材育成を行う必要性が叫ばれているが、今回のイニシアチブはまさにタイムリーで的を射たものと言える。

 この他、プリンセス・クルーズと提携した、クルーズ船上での仮想エンタテインメントを提供する4Kプロジェクター、サスティナブルなモビリティとしてのeBike、ゲームソフト会社セガ・エンタープライズと提携した「マリオ&ソニックオリンピック・ゲームズ東京2020」、東京五輪に向けた国立競技場への巨大スクリーン、オーディオビジュアル機器の提供、コネクテッド・カーのデータプラットホームCIRRUSなど、盛り沢山な製品やサービスが紹介された。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)