“よそ者”が気づかせてくれた「福山デニム」の価値

“よそ者”が気づかせてくれた「福山デニム」の価値

【F.F.G】福山ファクトリーギルド
福山の繊維事業者が立ち上げたプロジェクト。
現在10社が参加、坂本デニム(染糸)、篠原テキスタイル(製織)、四川(洗い加工)、アシナ(同)、NSG(縫製・企画デザイン)、アルファ企画(刺しゅうと特殊加工)、サブレ(特殊加工)、一色(資材調達)、高橋ネーム(刺しゅう)、ホルス(販売・企画デザイン)。
写真は、NSGの名和さん。
(撮影・湯澤 毅、以下同)

「デニムといえば岡山というイメージが定着しています。本当は福山のほうがデニムの生産量は多い。国内生産の5割以上が福山です。それでも岡山に出荷して仕事はあるのだから、まあ良いかと思っていたんです」

 広島県福山市でデニムの縫製工場を営むNSGの名和史普社長はそう振り返る。

 岡山県と境を接する福山市は、備後カスリのモンペの伝統を引き継ぎ、作業着などの製造に関わる企業が集積している。厚手の生地の加工という得意技を生かして、いち早くデニム生産に乗り出した企業も多い。デニムでいえば、素材の糸の染色から布地の織り、縫製、そしてエイジング加工まで、10キロほどの地域に関連企業が集まっているのだ。

 本来ならば「デニムの聖地」と呼んでも良い場所にもかかわらず、不思議なことに企業同士のつながりは薄かった。それぞれの企業が他地域の大手の下請けとして、仕事を得ていたからだ。お互い名前は知っていても、一緒に連携して製品を作るという発想がなかったのである。

 3年前の2016年秋、そんな福山に「よそ者」がやってきた。

 「福山ビジネスサポートセンター(フクビズ)」。地域の中小企業の相談に乗り、経営改革や新規事業の立ち上げなどをサポートする。国と自治体がカネを出すが、運営は民間。センター長やプロジェクトマネジャーは、ビジネスの世界で経験を積んだ人たちを公募する。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)