蔡英文総統の李登輝訪問、日本人秘書が明かすその一部始終

蔡英文総統の李登輝訪問、日本人秘書が明かすその一部始終

2012年の台湾総統選の投票前日、応援に駆けつけた李登輝氏と抱き合う蔡英文氏(写真:AP/アフロ)

蔡英文総統が李登輝さんのもとへ勝利報告に訪れた際の一部始終を、日本人秘書である早川友久さんが明かします。

■李登輝と蔡英文を結びつけるもの

 総統選挙の喧騒が一段落し、世間が徐々に落ち着きを取り戻し始めた1月14日。李登輝事務所主任の携帯に一本の連絡が入った。「本日夕刻、蔡英文総統が李登輝元総統に当選のご報告に伺いたいと希望しています。ついてはお時間の相談をさせてください」。

 李登輝は、2012年に蔡英文総統が初めて民進党の総統候補として出馬したときから支持してきた。前年11月に大腸癌の開腹手術を行い、術後は療養のため公の場にまったく出ていなかった李登輝が、投票日前夜の集会に登壇したのだ。南国とはいえ1月の台北の夜は震えが来るほどの寒さだ。しかし、李登輝は家族や秘書団が反対するのを押し切って蔡英文の集会へ駆けつけた。李登輝が絞り出すような声で「私は体調があまり良くない。いつまで台湾のために生きられるか分からない。出来ることも限られてきた。台湾の未来は皆さんに託します!」とひとことずつ紡ぎ出すように話すのを聞いて、涙が止まらない聴衆がたくさんいたことを覚えている。演説の終わったあと、まるで父と娘のように李登輝と蔡英文が抱き合ったひとコマは今も語り草だ。

 このときの選挙で蔡英文は惜敗してしまったが、その4年後には捲土重来し総統選を勝ち抜いた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)