自走式スーツケースは流行するのか

自走式スーツケースは流行するのか

自走式スーツケースは流行するのかの画像

昨年のCESでコンセプトとして発表されたFowardXという、AIを使って使用者の後を自動的に追尾する、というスーツケースが、今年製品として発表された。ForwardX社によるOVISというスーツケースで、米国で799ドルで発売が始まる。

 OVISはリストバンドとセットになっており、リストバンドからの信号を感知して持ち主の横を適度な距離で並走する。AIが組み込まれており、向かってくる人や障害物を自動的に検知し、ぶつからないように避けて移動するのだという。またそれらの障害物により持ち主と離れすぎた場合、リストバンドあるいはスマホアプリに警告音を発する。盗難にあった場合でも、アプリからスーツケースの場所をすぐに特定することが可能だ。

 なぜこのような製品を考案したのか、というと、アンケート調査などの結果67%の人が「旅行にはストレスが伴う」と答え、その最大の理由が荷物を運ぶこと、常に荷物に注意していなければならないことなのだという。自走式で持ち主について歩くスーツケースにより、こうした悩みは一気に解消できる。

■クラウドファンディングで140万ドル

 ForwardXDではOVISの開発にあたり、クラウドファンディングで資金集めを行った。その結果、3000人以上から合計で140万ドルを調達することに成功、製品化にこぎつけることが出来た。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)