混迷イランを悩ます「アスリートの亡命続出」と「東京五輪ボイコット案」

混迷イランを悩ます「アスリートの亡命続出」と「東京五輪ボイコット案」

キミア・アリザデ選手(REUTERS/AFLO)

イランが窮地に立たされている。米軍の無人機による攻撃でイラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」のガセム・ソレイマニ司令官が殺害されたことを皮切りに米国との対立は深刻化。一方でイラン・テヘランのホメイニ国際空港を離陸したウクライナ航空の旅客機をイラン軍が地対空ミサイルで誤って撃墜してしまい、乗客乗員176人全員が死亡する痛ましい悲劇も起こった。

 当初のイラン側は旅客機側の技術的なトラブルと主張していたものの撤回し、米国との戦闘体制下にあったため敵対する標的と間違ってしまったことを認めて謝罪した。この事故ではミサイル誤射の瞬間がイラン国内で市民らによって撮影され、SNSなどでも上げられており、動かぬ証拠の映像がある以上、イラン側は逃げ切れないと判断したようだ。

 イラン側は重要人物の司令官を殺害され、緊張を高めた米国こそが誤射の人的ミスを招いたとしてあらためて非難。しかし、それでも風向きは大きく変わってしまった。これまで厳しい戒律や情報統制を敷き続けてきたイラン政府への国民の不満が一気に爆発。テヘランでは大規模な反政府デモが発生し、警察の機動隊や革命防衛隊のメンバー、私服の治安当局職員らによって鎮圧されている。だが、これはあくまでも政府によって強制的にフタを閉められているだけでイラン国民の不満がくすぶり続けている危険な状態に変わりはない。

 昨年11月にもイランではガソリンの値上げに対する大規模な抗議デモがテヘランなど国内数都市で発生し、政府の弾圧によって多数の死傷者や拘束者が出た。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)