マッサージチェア屋が「テレビ」のあり方を変える!

マッサージチェア屋が「テレビ」のあり方を変える!

AI.Inada.Mirror IM-055

1月15日に発表されたファミリーイナダ「AI.Inada.Mirror IM-055(AI.イナダ.ミラー)」。それは、いろいろな意味で日本の家電メーカーの今後を暗示するように思えました。似たアイディアは、展示会などでも見ていますが、よもやファミリーイナバが、先頭を走る日が来るとは思いませんでした。8Kテレビ以降開発方向が定まらないテレビメーカーと、AIミラーでテレビを取り込んだマッサージチェア専用メーカーで何が違ったのでしょうか?

■AI.Inada.Mirror IM-055 とは何か?

 「ミラー(鏡)」と名が付けられていますが、実態は55インチの「液晶テレビ」です。それに小型カメラを付けて、自撮り。ディスプレイに映し出し、姿見として使えるようにしたわけです。

 AIミラーは、テレビとしても使えるし、姿見としても使えるわけです。55インチはかなり大きいですから、姿見としてそれなりのサイズですし、4Kなのでリアリティは、かなりのものです。

 次に「AI」です。ミラーには、ネット接続して使うアプリが入っています。「ファッション(バーチャル試着) 」「運動(ホームフィットネス) 」「美容」「健康」など、その人のパーソナルデーターに合わせAIが分析。最適解を出してくれます。

 例えば、試着では、AIがお勧めを3つセレクトしてくれます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)