「スターウォーズ」最新作から見えるアメリカ社会の変貌

「スターウォーズ」最新作から見えるアメリカ社会の変貌

(Joaquin Ossorio-Castillo / gettyimages)

スターウォーズの最新作品「スカイウォーカーの夜明け」が、米国でも昨年の年末に公開された。スピンオフを除くと、スターウォーズシリーズとしては9作目である。

 白状すれば筆者のアメリカ生活は、このスターウォーズシリーズと共に育まれてきたといっても過言ではない。1977年の春に渡米して、ノースカロライナ州の語学学校で寮生活を送っていた当時、公開されたばかりの第一作目「スターウォーズ」を学生仲間と観に行った。

 先に観ていた同じく日本から留学していた友人は「なんか子供向けのSFで、ウルトラマンみたいだった」とけんもほろろの感想だった。それでも英語の授業で疲れて切っていた頭には、何も考えなくてもよい娯楽映画がうってつけと思って観に行ったら、これがとんでもない勘違いだった。

 まず渡米したばかりの当時の筆者にとって、SF用語を交えた会話がチンプンカンプンでさっぱり理解できない。同じころに見たシドニー・シェルダン原作のサスペンスロマンス「真夜中の向こう側」などは、まだどうにか会話を拾うこともできた。だが何せ「スターウォーズ」は遠い昔、はるかかなたの銀河系のお話である。固有名詞も馴染みなく、たとえ単語を聞き取れてもさっぱり意味は分からなかった。

 それでもビジュアルでストーリーを追っていくだけで、十分に面白かった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)