キャッシュレス隆盛の陰で”ショートメール詐欺”が急増

キャッシュレス隆盛の陰で”ショートメール詐欺”が急増

キャッシュレス陰で詐欺急増

キャッシュレス隆盛の陰で”ショートメール詐欺”が急増

2019年は官民挙げてキャッシュレス決済の拡大が進み、金融機関も現金取扱いコスト抑制のためキャッシュレス化を急ぐ(TUNODAYOSIO/AFLO)

2019年10月に消費税率が10%に引き上げられたタイミングに合わせて、政府は1786億円をかけてポイント還元事業を始め、キャッシュレス決済も大々的に推進した。金融機関も、現金を扱うコストを削減できるとしてキャッシュレス化の拡大を図り、官民を挙げてキャッシュレス化に邁進(まいしん)している。

 キャッシュレス決済にはいくつかの手段がある。主なものは、QRコードなどを使うスマホ決済やインターネットバンキング、クレジットカード決済やICカードで支払う電子マネーなどだ。多額の予算をかけた国家プロジェクトだけに、消費者を対象にした調査を見るとキャッシュレスの利用率は着実に増加している。もっとも、スマホやパソコンで簡単な操作をしたり、カードをかざすだけで済む支払い方法は、手軽で利便性が高く、一度慣れれば多くの利用者が継続して使用するようになるのもうなずける。

■本物に酷似するフィッシングメールの罠

 一方で、その利便性の隙を突いた犯罪も急増している。最近のサイバー攻撃は、これまでも主流だったフィッシングメール(サイトなどへ誘導する手口)がより巧妙になり、メールの文面や誘導先のサイトは本物と見間違うほどになっている。キャッシュレスサービスに慣れない人たちはハッカーや犯罪者たちにとって格好の餌食になっている。

 キャッシュレス化が推進され、ウェブ上で銀行から直接振り込みや支払いなどができるインターネットバンキングの利便性も高まり、サービスも増加している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)