年金生活者に優しい旅行先?ベストアンサーは台湾

年金生活者に優しい旅行先?ベストアンサーは台湾

南国情緒爛漫。東部海岸北回帰線付近

■ひなびた漁港の公民館

 5月2日午前8時。鹿港を出発して台湾東海岸をひたすら南下。強烈な逆風と雨模様で気持ちが折れそうになったが、午後4時過ぎ布袋漁港に到着。町に一軒だけの宿屋は日本円換算で1泊4500円と高い。キャンプサイトを探して30分ほど徘徊。

 公民館の庭にテーブルとベンチが数組ならんでいた。アクリル板の屋根まであったので雨でも問題ない。公民館の管理人に趣旨を話すと快諾。

 夕方になると公民館でカラオケをしていたグループが散会して三々五々と出てきた。最初に80歳の大柄なお爺さんが話しかけてきた。長年柔道のコーチをしてきたという。道場に何度も日本人の柔道師範を招いて教えを受けてきたという親日家だ。近くでバナナを買って来て差し入れてくれた。

■日本語サークルの愉快な仲間たち

 そのうちに女性が出てきて柯麗美と名乗った。彼女は日本語サークルのメンバーで、日本語の先生が当日は東京で街歩きを楽しんでいるとフェイスブックを見せてくれた。スマホで日本語の先生を呼び出してテレビ電話。彼は東京下町の谷中で居酒屋めぐりをしており、居酒屋から実況中継。

 その合間に仲間の青年がジュース、コーラ、お菓子を買ってきて差し入れてくれた。さらに日本語サークルの数人の女性が参加して中国語と片言の日本語で盛り上がった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)