羽田空港に大型ホテルを開業する住友不動産の狙い

羽田空港に大型ホテルを開業する住友不動産の狙い

(luplupme/gettyimages)

これまで主にオフィスビル、マンションを手掛けてきた住友不動産が、羽田空港国際線ターミナルに直結した複合型の大規模ホテルをこの春に開業する。ホテルは1997年から「ヴィラフォンテーヌ」のブランドでグループ会社を通じて営業はしてきたが、700室を超える大規模ホテルは初めて。今年は東京オリンピック・パラリンピックの開催を控えて、ホテルの集客競争は激化することが予想される。担当する桝井俊幸社長にこの空港直結型複合プロジェクトの狙いを聞いた。

■不足する空港ホテル

 羽田空港の国際線の利用客数は2011年と比較して、20年には3倍の年間約2200万人になり、1日当たり約5.5万人に増える見込み。10年ほど前までは羽田空港の国際線はアジア路線など近距離が中心だったが、2、3年前からは欧米路線も羽田から発着するようになり利便性が一気に高まった。国際線ターミナルが充実したことで、ビジネスマンの多くがアクセスに時間の掛かる成田空港よりも、近くて便利な羽田空港を利用するようになっている。

 しかし、世界で5位の旅客数を誇る羽田空港の周辺(5キロ圏内)のホテル数について桝井社長は「世界の主要空港と比較し圧倒的に少ない。エアポートホテル需要が1万室あるのに対して、2100室しかないので、需要は確実にある。富裕層向けに160室の『プレミア』というラグジュアリーな客室と、ハイグレードな『グランド』1557室の2種類の客室を用意し、多くのニーズに対応したい。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)