「史上最も腐敗した米大統領」という汚名

「史上最も腐敗した米大統領」という汚名

(iStock.com/flySnow/Purestock)

トランプ米大統領はウクライナ疑惑をめぐる弾劾裁判で5日、与党共和党が多数を占める上院評決により「無罪」放免となった。だがこの先、「史上最も腐敗した大統領」(ニューヨーク・タイムズ紙)の汚名返上へとつながる兆しは、あまり見当たらない。

 ニューヨーク・タイムズ紙は「無罪評決」に先立つ去る1月31日、国民の多くが求めてきた、弾劾裁判における重要証人喚問を共和党が却下したまま評決を急いだことについて、これを糾弾する社説を掲載、この中で「上院が無罪判定を下したとしても、トランプ氏の身の潔白を証明することにはならないし、そうすべきではない。彼は史上、最も腐敗した大統領『the most corrupt president in modern times』であり、国民はそのことをいつまでも記憶にとどめることになるだろう」と厳しく断罪した。

 アメリカの良識を代表する有力紙が、社説で現職大統領に対し、このような一刀両断のレッテルを貼るのは、異例のことと言える。

 しかし、トランプ氏に「史上最も腐敗した大統領」の烙印を押したのは、同紙が初めてではない。

 ミズーリ大学のビル・ブラック助教授(「経済と法」専攻)は昨年11月、政治ウェブサイト「truthdig」とのインタビューで、トランプ大統領について「一連の問題の核心は、トランプ腐敗にある。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)