「国滅びても人は滅ばず」、明治人が見た中国の凄み

「国滅びても人は滅ばず」、明治人が見た中国の凄み

(August0802/gettyimages)

佐藤善治郎は1910(明治43)年7月28日に横浜を発ち、上海を振り出しに30日ほどをかけて南京、漢口、蘇州、杭州などを廻っている。

 帰国直前の8月22日に日韓併合条約が締結され、翌年の年明け早々には大逆事件に関連し幸徳秋水ら24被告に死刑判決が下された。その翌年の1912年7月30日に明治天皇が崩御され、明治から大正へと改元された。中国では、亡国の道をひた走る清朝に止めを刺した辛亥革命の起点となった武昌蜂起は1911年10月。明治天皇崩御の10カ月ほど前のことだった。

 日本は明治から大正へ、中国は清国からアジア最初の立憲共和政体の中華民国へ。両国ともに新しい時代を迎えようとしていた。

 「清国、今や列国競争場裡の落伍者となり、国運陵夷、人情荒廃して殆んど見るべきものなし」。そこで日本では欧米を学ぼうとするブームが起きる一方で、清国など見向きもしない。欧米の事情は広く伝わっているが、「清国の事情の意外に知られざるあり」。だが果して、これでいいのか。亡国の瀬戸際に立っているからこそ「清国の事情」を知るべきだ。

 「南清の地は、支那の宝庫」であり、「本邦と一葦帯水を隔つるのみ」の地理関係にある。加えて「世界列強皆眼を茲に注ぎ、着実なる経営を為」している。「東洋の盟主を以て自ら任ずる国民」であるなら、やはり長江流域に経済的影響力を扶植すべきであり、その前提として一帯の事情把握が急務である。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)