霞が関崩壊の危機は止められるのか?

霞が関崩壊の危機は止められるのか?

(kanzilyou/gettyimages)

国の政策を決める中央省庁が集まる「霞が関」がいま「ブラック」職場と化し、エリート職場とみられていた国家公務員キャリア職の離職が相次いでいる。「霞が関」の職場環境の実態について、昨年の9月末に厚生労働省を退職した前医療政策企画官の千正康裕氏(44歳)にインタビューし、外から職場を変えようとする本音を聞いた。

■業務プロセスの見直し

 千正氏は2月4日、AbemaTVにも生出演し、霞が関の職場環境を変える必要性を強く訴えるなど東奔西走の毎日だ。「これは単に官僚の労働問題ではなく、『霞が関』が疲弊すれば、国の政策の立案、執行の機能が壊れて、国民に迷惑がかかるという深刻な問題だ。官僚の仕事は一般の人には内容が見えにくいが、例えば厚労省の場合でも、年金、介護、医療、保育、働き方など国民の生活に密着した大事なことをやっている」との思いから、改革を叫んでいるという。

 職員が健康や家庭を壊したり、若手の離職が増えている状況を変えるためには働き方を変える必要があるが、「業務プロセスを見直し、国民生活と直接関係のない作業を徹底的に減らし、必要な作業であっても、役人でなくてもできるものは外注化を進める必要がある」という。

 こうした観点から、実際に厚労大臣への説明や国会答弁作成などの内部手続きのペーパーレス化などの取り組みを進めている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)