和平合意に向け7日間の停戦開始、タリバンを再選の道具にするトランプ

和平合意に向け7日間の停戦開始、タリバンを再選の道具にするトランプ

(Zeferli/gettyimages)

アフガニスタンで2月22日午前零時、米国と反政府武装勢力タリバンによる和平合意に向け、7日間の停戦が始まった。タリバンがこの期間、政府軍や米駐留軍に対する攻撃を行わなければ、両者は29日に和平合意に署名、米部隊の撤退が開始される見通し。「紛争地からの軍撤退」。この成果を何がなんでも再選に利用したいトランプ大統領の思惑が透けて見える。

■“和平つぶし”の攻撃リスクも

 ポンペオ国務長官らによると、停戦はカタールのドーハで続けられてきた米国とタリバンによる交渉でまとまった。7日間の停戦は、正式には「暴力削減措置」と呼ばれ、タリバンは政府軍や米軍に対する攻撃を中止、米軍も国際テロ組織アルカイダや過激派組織「イスラム国」(IS)に対する掃討作戦以外の軍事行動を停止する。

 この期間内に停戦が守られたことが確認されれば、米国とタリバンは和平合意を結ぶ。米紙や地元メディアなどによると、和平合意はタリバンが@アフガニスタン政府との和平交渉を開始Aアルカイダなどのテロリストを保護しない―ことを確約し、これと引き換えに米駐留軍が順次撤退するというのが骨子。

 米駐留軍の規模は現在、約1万3000人だが、合意が成立すれば、第一段階として約5000人を撤退させ、8500人程度にまで削減、その後、順次撤退を進める。しかし、米側が対テロ作戦継続のため、最終的に小部隊を残留させたいと主張しているのに対し、タリバン側はすべての外国駐留軍の撤退を求めており、意見の食い違いは解消されていない可能性がある。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)