【緊急レポート2021】 陽性者を1人1人番号を付けて管理・公表する台湾 新型コロナ収束後は「観光政策の成功」を目指す

【緊急レポート2021】 陽性者を1人1人番号を付けて管理・公表する台湾 新型コロナ収束後は「観光政策の成功」を目指す

台湾衛生福利部のフェイスブックページより

湖南省の中南大学大学院在籍中に邱永漢氏と出会い、卒業を待たず、2005年から氏が亡くなる2012年5月まで秘書として中国ビジネスと中国株を直接学んだ上田尾一憲さん。2014年からビジネスの拠点を台湾に移した上田尾一憲さんが、新型コロナ対策に成功した台湾の陽性者管理体制と国内旅行ブームについてレポートします。

 2021年4月22日現在、台湾の新型コロナウイルス陽性者の累計数は1086人、死者11人、隔離解除者1041人。これは台湾の衛生福利部が毎日フェイスブックで発信している台湾国内のコロナの状況だ。

■陽性者には1人1人番号を付けて管理・情報発信

 この衛生福利部は新規陽性者の1人1人に番号をつけて、毎回、その状況を説明している。4月22日は海外からの入境者で4名の陽性者が確認されたとし、以下のように報告している。

 第1084人目の陽性者はカザフスタン籍の30歳代の女性。4月14日に就労目的で台湾入境。飛行機搭乗3日前のPCR検査では陰性。台湾入境後の隔離中の16日に咳の症状、18日に咳と呼吸困難などの症状があり検査したところ、本日22日に陽性が確認された(CT値29、病院検査ではCT値33,血清抗体IgM、IgG共に陽性)。
 同じ飛行機の前後2列に座っていた人たち合計7名は現在自宅隔離中。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)

×