ロードスターキャピタル(3482)、株主優待を変更! 不動産特化型クラウドファンディングの株主優待投資 枠がもらえる点は変わらず基準日の回数などが変更に

ロードスターキャピタル(3482)、株主優待を変更! 不動産特化型クラウドファンディングの株主優待投資 枠がもらえる点は変わらず基準日の回数などが変更に

ロードスターキャピタル(3482)、株主優待を変更! 不動産特化型クラウドファンディングの株主優待投資 枠がもらえる点は変わらず基準日の回数などが変更にの画像

不動産投資事業やクラウドファンディングなどを手掛けるロードスターキャピタル株式会社が、株主優待を一部変更することを、2021年6月3日に発表した。

 ロードスターキャピタルの株主優待は、2020年に新設されたばかりで、従来の内容は「毎年12月末時点で1000株以上を1年以上継続保有する株主を対象に、自社で手掛ける不動産特化型クラウドファンディング『OwnersBook』における、貸付型案件(先着方式)及びエクイティ型案件の『株主優待用投資枠』を利用する権利を付与(※あらかじめ『OwnersBook』への登録が必要。所定の審査があり、審査を通過できなかった場合は株主優待を利用できない)」というものだった。

 ロードスターキャピタルの株主優待の内容は変わらないが、以下の点が変更される。

@株主優待の基準日が、従来の「12月末の年1回」⇒「6月末と12月末の年2回」になる。
A継続保有期間の条件が、従来の「1年以上」⇒「6カ月以上」となる。
B2021年1月1日以降に初めて、1000株以上の株主として名簿に記載または記録された株主に限り、6カ月以上継続保有の条件は免除される。

 なお、「OwnersBook」とは、2014年9月に誕生した、日本初の不動産に特化したクラウドファンディングサービス。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)