竹本容器、株主優待の廃止と増配を発表し、配当利回 りが1.5倍に! 12月末の株主はオリジナル容器入りの 特選品がもらえたが廃止され、配当予想を大幅増配に

竹本容器、株主優待の廃止と増配を発表し、配当利回 りが1.5倍に! 12月末の株主はオリジナル容器入りの 特選品がもらえたが廃止され、配当予想を大幅増配に

竹本容器、株主優待の廃止と増配を発表し、配当利回 りが1.5倍に! 12月末の株主はオリジナル容器入りの 特選品がもらえたが廃止され、配当予想を大幅増配にの画像

化粧品や食品のプラスチック製包装容器を手掛ける竹本容器株式会社が、株主優待の制度を廃止することを、2021年6月10日の15時に発表した。

 竹本容器の株主優待は、毎年12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、自社が企画・開発したオリジナル容器を包装容器とした特選品を贈呈」というものだった。

 しかし、この株主優待は2020年12月末の株主に実施された分を最後に「廃止」される。

 竹本容器が株主優待を廃止する理由は「当社は、株主の皆様の日頃からのご支援に感謝するとともに、当社のオリジナルボトルを実際にご利用いただくことで、当社へのご理解を深めていただくことを目的として株主優待制度を導入いたしました。しかしながら、株主への皆様への利益還元のあり方の観点から慎重に検討を重ねました結果、配当等による利益還元に集約することとし、株主優待制度を廃止することといたしました」とのことだ。

 なお、竹本容器は同時に、2021年12月期の配当予想を修正(増配)することも発表している。前回予想は、中間・期末ともに9.5円予想(年間配当金は19円予想)で、前期と同額を見込んでいた。しかし、これまで「20%以上」だった配当性向の目標を「30%以上」に修正したことから、配当予想も中間・期末ともに14.5円予想(年間配当金は29円予想)に修正。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)