タカショー(7590)、2期連続の「増配」を発表して、 配当利回り2.2%に! 年間配当は2年で2.3倍に急増、 2022年1月期は前期比3円増の「1株あたり23円」に!

タカショー(7590)、2期連続の「増配」を発表して、 配当利回り2.2%に! 年間配当は2年で2.3倍に急増、 2022年1月期は前期比3円増の「1株あたり23円」に!

タカショー(7590)、2期連続の「増配」を発表して、 配当利回り2.2%に! 年間配当は2年で2.3倍に急増、 2022年1月期は前期比3円増の「1株あたり23円」に!の画像

タカショーは、2022年1月期の配当予想を修正し、前期比および前回予想比で「増配」とする予想を、2021年8月23日の15時に発表した。これにより、タカショーの配当利回り(予想)は1.91%⇒2.20%にアップし、”2期連続増配”の見通しとなった。

 タカショーは、2022年1月期の予想配当を修正し、「1株あたり23円」とすると発表した。なお、タカショーは期末配当による年1回の配当を基本方針としており、中間配当は実施していない。

 年間配当額の前回予想は「1株あたり20円」だったので、前回予想から「3円」の増配となる。今回の増配発表により、タカショーの配当利回り(予想)は1.91%⇒2.20%にアップすることとなった。

 また、タカショーの2021年1月期の配当は「1株あたり20円」だったので、前期比でも「3円」の増配となる見込み。
【※関連記事はこちら!】
⇒「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 タカショーは今回、「増配」とともに業績予想の修正も発表しており、2022年1月期は前回予想比で「増収・増益」の業績予想となっている。タカショーは「配当性向30%を目標」としていることから、財政状態や修正後の業績予想を踏まえた結果、今回の「増配」を決定した形だ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)