「傲慢なエリート」の典型であるマクロンは なぜ39歳でフランス大統領になることができたのか? 【橘玲の日々刻々】

「傲慢なエリート」の典型であるマクロンは なぜ39歳でフランス大統領になることができたのか? 【橘玲の日々刻々】

パリ・バタクラン劇場前。2015年のテロ犠牲者を追悼して (Photo:@Alt Invest Com)

4月24日に行なわれたフランス大統領選の決選投票で、現職のエマニュエル・マクロンが国民連合のマリーヌ・ルペンを下して再選を決めた。とはいえ、「圧倒的に有利」とされたマクロンの得票率は59%で、ロシアのウクライナ侵攻でプーチンとの親しい関係が批判されたルペンは前回(2017年)から7ポイント伸ばした41%を獲得した。投票率は過去2番目に低い72%で、有権者の関心が低いというよりも、「ネオリベ」と「極右」では選択のしようがないと棄権した者も多かったのだろう。

 2018年に始まった「黄色いベスト(ジレジョーヌ)運動」は、燃料価格の上昇(税率の引き上げ)への抗議行動だが、それがコロナ禍で中断されるまで1年以上続いたのは、「傲慢なエリート」の典型と見なされたマクロンへの反発が大きかったようだ。実際、マクロンの次のような発言は強い批判を浴びた。

「彼ら失業者は自分でどんどん動けばいいのだ。道を渡るだけで仕事は見つかるのだ。小さな企業を自分で起ち上げればいいのだ。望めばなんでもできるはずだ」

「生活難に苦しむ人々の中には、よくやっている人たちもいますが、ふざけた人たちもいます」

 そもそもこんなマクロンがなぜ、2017年に弱冠39歳で大統領になれたのか? それが知りたくて、日本人にはあまり馴染みのないフランスの教育制度とマクロンの経歴を調べてみた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)