「ウクライナ問題とはロシアのアイデンティティ問題」 ウクライナ侵攻は30年近く前から予測されていた! 【橘玲の日々刻々】

「ウクライナ問題とはロシアのアイデンティティ問題」 ウクライナ侵攻は30年近く前から予測されていた! 【橘玲の日々刻々】

キーウの独立広場に展示された、ドンバス地域で戦うウクライナ兵の写真(2015年9月) (Photo:@Alt Invest Com)

ロシアによるウクライナ侵攻から3カ月がたったが、いまだに戦争終結のシナリオは描けない。プーチンは当初、数日で首都キーウを占領し、ゼレンスキー大統領を逮捕したうえで傀儡政権を樹立できると考えていたとされる。これが戦略的な大失態であることが明らかになって、いまは東部のドンバス地方に兵力を集め、支配地域の拡大を狙っているようだ。

 もちろん、ウクライナが国土の割譲を受け入れるはずもなく、停戦の条件は少なくとも2月24日時点の境界線まで戻すことだろう。だがこれでは、プーチンにとって、これだけの犠牲を払ってなにも得られないことになり、権力の維持が困難になるのではないか。

 ロシアへの経済制裁にともなう石油・ガスなどのエネルギー資源の高騰や、世界的な穀物不足により、中東・アフリカなど脆弱な国々の政治・社会が不安定化している。ドイツやフランスは早期に落としどころを見つけたいようだが、この状況を収拾する道はまだ見えない。

 両国の関係はなぜこんなにこじれてしまったのだろうか。

現在の紛争は30年ちかく前にすでに予想されていた 中井和夫氏はウクライナを含む旧ソ連圏の民族史・現代史の専門家で、1998年に刊行された『ウクライナ・ナショナリズム 独立のディレンマ』(東京大学出版会)が今回のウクライナ侵攻を受けて「緊急復刊」された。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)