ヴィリーは、なぜ「赤い大公」と呼ばれるようになったのか?[前編] ハプスブルク家と神聖ローマ帝国 【橘玲の日々刻々】

ヴィリーは、なぜ「赤い大公」と呼ばれるようになったのか?[前編] ハプスブルク家と神聖ローマ帝国 【橘玲の日々刻々】

ハプスブルク家最後の皇帝フランツ・ヨーゼフの棺(ウィーンの皇帝墓所)   (Photo:@Alt Invest Com)

歴史家ティモシー・スナイダーの『赤い大公 ハプスブルク家と東欧の20世紀』(訳:池田年穂/慶応義塾大学出版会)は、“高貴な血”を受け継ぐハプスブルク家の王子ヴィルヘルム(ヴィリー)の、歴史の激動のなかで忘れ去られていた数奇な人生を発掘し、それを東欧やウクライナの現代史と重ね合わせて高い評価を得た。原題は“The Red Prince; The Secret Lives of a Hapsburg Archduke(赤いプリンス ハプスブルク大公の知られざる人生)”。

 本書の紹介文では、「ヴィルヘルムは1920年代のパリで淫蕩の日々を過ごし、30年代にはヒトラーに傾倒してファシストになり、第二次世界大戦が始まるとナチス・ドイツとソ連に対してスパイ活動を働き、戦後、ソ連の秘密警察に拘束され、53歳でキエフの牢獄で悲惨な死を遂げた」とされる。

 大公(Archduke)は公爵の上位の肩書(複数の公爵領を所有する「公爵の公爵」)で、神聖ローマ帝国ではハプスブルク家だけに許された。当初は家長が「大公」を名乗ったが、その後、ハプスブルク家の王子たちを“Archduke”と呼ぶようになった。

 ハプスブルク家は400年にわたって神聖ローマ帝国の皇帝位を独占し、その全盛期はスペイン王を兼ね、中南米のスペイン領も支配下に置いて「日の没するとことなし」と呼ばれた帝国(君主国)を築いた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)