いざとなればペンス副大統領の「昇格」も!? FBIを敵に回したトランプ政権の今後は?

いざとなればペンス副大統領の「昇格」も!? FBIを敵に回したトランプ政権の今後は?

いざとなればペンス副大統領の「昇格」も!? FBIを敵に回したトランプ政権の今後は?の画像

ようやく全閣僚の議会承認を終えたトランプ政権ですが、副長官ポストは国務・財務・国防などの重要省庁で前政権時代の人物が留任したまま。さらに政治任用ポストは議会の承認待ちを入れても全体の2割に満たず、とても正常な行政執行どころではありません。そこへ追い打ちをかけるのが「ロシアゲート疑惑」です。米国の内政がさらに停滞することは確実で、好調な世界経済への影響が懸念されるところ。刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」が、今後の展開を予想します。

■政権内部からも情報リークが始まったFBIも敵に回しトランプはますます窮地!

 「ロシアゲート疑惑」の追及はトランプ大統領による「捜査妨害」と「米国民へのウソ」に重点が移っているようですが、これは米国の政治家にとっては最もダメージとなりかねず、かつてウォーターゲート事件でニクソン大統領が失脚したことを想起させます。

 辞任したフリン国家安全保障担当補佐官(当時)が就任前からロシア側に情報提供しており、FBIの捜査対象となっていたことを「知っていながら起用した」などの新事実がポロポロと出ています。これはFBIのコミー長官を解任してしまったからで、今後もコミー氏とFBI周辺からリークが続くのは確実です。

 さっそくフリン氏がトルコ政府から不正資金を受け取っていた事実などが暴露されています。おそらくフリン氏は司法取引で逮捕を免れ、そのかわりにトランプ大統領の関与など一切合切を自白するのではないでしょうか。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)