孫正義社長は相変わらずの強気だけれど… ソフトバンク(9984)は大丈夫なのか!?

孫正義社長は相変わらずの強気だけれど… ソフトバンク(9984)は大丈夫なのか!?

孫正義社長は相変わらずの強気だけれど… ソフトバンク(9984)は大丈夫なのか!?の画像

孫正義社長は相変わらずの強気だけれど… ソフトバンク(9984)は大丈夫なのか!?

孫正義社長は相変わらずの強気だけれど… ソフトバンク(9984)は大丈夫なのか!?の画像

刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」ではタイムリーな企業ネタばかりでなく、読者の関心の高い人気企業については定期的に事業・決算をチェックし分析記事をお届けしています。そうした追跡記事の中に、その後の大きな動きの予兆が含まれていることがあり読者は目が離せません。今回は8月7日に2017年4〜6月期連結決算を発表したソフトバンク(9984)を取り上げていますが、日本のマスコミが報じない部分にもしっかりとスポットを当てています。

■米国の通信・放送・メディア大再編にソフトバンクが噛める線は消滅した

 日本の報道機関は孫社長の決算発表の席での「スプリントを軸に米携帯再編は合意が近い」との発言をそのまま伝えていますが、いくつか気になるポイントがあります。

 本紙はかねてより、米国の通信・放送・メディアのダイナミックな再編の動きを追っています。最近では「闇株新聞」7月4日号で、ソフトバンク傘下の米携帯会社スプリントが、その通信設備を米ケーブルテレビ大手コムキャストとチャーター・コミュニケーションズに提供し、同社が米国の大規模な通信・メディア再編の流れに加わる可能性があるという、大変に夢のある話題も取り上げていました。

 実はその独占交渉期間が7月末までだったはずなのです。実際、孫社長がチャーター・コミュニケーションズに買収交渉を持ちかけた形跡もあるのですが、結局のところ白紙に戻ったようです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)