「第二の東芝か?」あのハゲタカファンドが 今度はアサツーDKの非上場化で暗躍!?

「第二の東芝か?」あのハゲタカファンドが 今度はアサツーDKの非上場化で暗躍!?

「第二の東芝か?」あのハゲタカファンドが 今度はアサツーDKの非上場化で暗躍!?の画像

「第二の東芝か?」あのハゲタカファンドが 今度はアサツーDKの非上場化で暗躍!?

「第二の東芝か?」あのハゲタカファンドが 今度はアサツーDKの非上場化で暗躍!?の画像

国内3位の広告会社であるアサツーディ・ケイ(9747)が、ベインキャピタルによるTOBに応じ非上場になると発表しました。ベインキャピタルと言えば東芝の半導体事業売却でも「日米韓連合」の主軸として名の上がったファンドです。非上場となる理由は「目先の決算や株価に影響されない大胆な経営で企業価値を増大させるため」という、この手の案件には「ありがち」なものですが…。刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が解説します。

■提携先の英WPPに喧嘩を売るやり方はまるで東芝vsWDの再現を見るよう

 ベインキャピタルが2日発表したTOB価格は、アサツーディ・ケイ(以下、アサツーDK)の直近終値3170円に約15%のプレミアムを乗せた3660円、TOB成立の最低買入れ株数は議決権の50.1%、上限は定めておらず最大買収金額は1517億円となります。

 アサツーDKは1998年に世界最大の広告会社である英国のWPPグループ(以下、WPP)と資本提携し、現在でもWWPはアサツーDKの25%を保有する筆頭株主です。アサツーDKも同時期にWPPの2.4%を取得していますが、当初は共に300億円で相手会社の株式を取得していました。

 為替変動もありますが、現時点でアサツーDKが保有するWPP株式の時価総額は640億円、WPPが保有するアサツーDK株式の時価総額は378億円しかありません。

  アサツーDKは2014年頃からWPPに提携解消を申し入れていたようですが、今回の件はWPPが承諾していない見切り発車のようです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)