「米朝会談実現か」のニュースの裏側に見る トランプ政権内の勢力図と米中関係の先行き

「米朝会談実現か」のニュースの裏側に見る トランプ政権内の勢力図と米中関係の先行き

「米朝会談実現か」のニュースの裏側に見る トランプ政権内の勢力図と米中関係の先行きの画像

「米朝会談実現か」のニュースの裏側に見る トランプ政権内の勢力図と米中関係の先行き

「米朝会談実現か」のニュースの裏側に見る トランプ政権内の勢力図と米中関係の先行きの画像

先週(3月8日)、金正恩と面会した韓国特使から「5月に米朝首脳会談が実現する見通し」との発表がされました。成果が出れば市場の不安定要素が1つ解消されますが、本当に実現するかは不透明です。それよりもこの一件は、トランプ政権内の勢力図の変化と、それに伴う「米中関係」の先行きを暗示していると刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が解説しています。

■米朝会談を韓国特使が単独発表の奇期待はできないが日本の立場が心配

 前回本連載で報じた通り、トランプ大統領の最大の関心事は、今秋の中間選挙と再選がかかる2年後の大統領選しかありません。今後は大型減税、歳出上限拡大、輸入品に高率関税をかけるなど人気取りの政策を次々打ち出してくるはずです。

 その結果、米国は「悪い長期金利上昇」「インフレ懸念の拡大」「悪いドル安」に見舞われるでしょう。しかし、今のところ米国株市場はこれを悪材料視しておらず、先週末(9日)のNYダウは25335ドルまで回復、NASDAQは7560ポイントで史上最高値を更新しています。

参考記事:米国の鉄鋼・アルミ高関税率導入の衝撃! トランプの俺様主義に世界が振り回される 闇株新聞が懸念する「保護貿易時代の再来」(2018.03.09)

 さらに8日には、「米朝首脳会談実現か」のニュースまで飛び込んできました。実現すれば経済制裁が苦しい金正恩と、選挙を意識するトランプの双方に「意義があるイベント」となります。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)