パルステック工業(6894)の株価は安すぎ! やっと出た! 5つ星の強い買い推奨! 倒産寸前からリストラ後、新製品で売上急拡大中!

パルステック工業(6894)の株価は安すぎ! やっと出た! 5つ星の強い買い推奨! 倒産寸前からリストラ後、新製品で売上急拡大中!

パルステック工業(6894)の株価は安すぎ! やっと出た! 5つ星の強い買い推奨! 倒産寸前からリストラ後、新製品で売上急拡大中!の画像

★★★★★ (5段階中5  5が最高評価)

やっと出た! 5つ星評価の成長株! 出ました。レーティング5が...!

 2019年11月に設立50年を迎えるパルステック工業株式会社を強い買い推奨とします。理由は、市場の評価がPER10倍で配当利回り3.7%では低すぎるからです。そしてポータブルX線残留応力測定装置の成長率が高いことです。

 一般的に、ユニークな検査装置メーカやヘルスケア医療機器メーカは30倍台のPERも当たり前です。例えば、半導体検査では、半導体分野ではレーザーテック(6920)はPER44倍。ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)は32倍です。浜松ホトニクス(6965)が34倍ですね。生体検査を同じく手がけるフクダ電子(6960)はPER16倍です。医療では島津(7701)やシステックス(6969)なども30倍程度です。インターアクション(7725)は25倍(希薄化考慮)程度です。

 一方で同社のPERはたったの9倍です。

「なんだか、変だなあ。これはおかしいのでは?」と思ったのです。それが訪問取材のきっかけでした。

 今、訪問後の感想としては、「やっぱり、おかしい。同社にはPER17-18倍の価値があるな」と思ったのです。

IRがあまり積極的でなく、業績がずっと不振だった なぜこのようなギャップが生じるかというと、主に2つの理由からです。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)