平成の日本の労働市場では若い男性の雇用を破壊することで 中高年(団塊の世代)の雇用が守られた 【橘玲の日々刻々】

平成の日本の労働市場では若い男性の雇用を破壊することで 中高年(団塊の世代)の雇用が守られた 【橘玲の日々刻々】

平成の日本の労働市場では若い男性の雇用を破壊することで 中高年(団塊の世代)の雇用が守られた 【橘玲の日々刻々】の画像

終わりつつある平成の30年間をひと言でいうならば、「日本がどんどん貧乏くさくなった」だ。

 国民のゆたかさの指標となる1人当たりGDP(国内総生産)で、日本はバブル経済の余勢をかって1990年代はベスト5の常連で、2000年にはルクセンブルクに次いで世界2位になったものの、そこからつるべ落としのように順位を下げていく。

 2017年の日本の1人当たりGDPは世界25位で、アジアでもマカオ(3位)、シンガポール(9位)、香港(16位)に大きく水をあけられ、いまや韓国(29位)にも追い越されそうだ。主要7カ国(英・米・仏・伊・独・加・日)では首位から6位に転落し、かつては世界の15%を占めていたGDPも30年間で6%に縮小した。

 なぜこんなヒドいことになるのか。経済学的には、その原因は「日本の生産性が低いから」ということになる。これについてはすでに書いたが、ここでは、労働経済学者・神林龍氏の『正規の世界・非正規の世界 現代日本労働経済学の基本問題』(慶應義塾大学出版会)に依拠しながら、平成日本の社会と経済でなにが起きたのか事実(ファクト)を見ていこう。

[参考記事]
●日本の労働生産性が50年近くも主要先進7カ国のなかで最下位である理由とは?

1980年代から2000年代自営業者は減ったが就労状況は安定していた『正規の世界・非正規の世界』で神林氏は、1980年代から2000年代の日本の労働市場を分析し、「常識」とは異なる姿をあぶり出している。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)