エチオピアを観光するなら「公認ガイド制度」を活用して ぜんぶ任せておくと快適な旅行ができる! 【橘玲の世界投資見聞録】

エチオピアを観光するなら「公認ガイド制度」を活用して ぜんぶ任せておくと快適な旅行ができる! 【橘玲の世界投資見聞録】

アディスアベバのボレ国際空港。手荷物受取場は大混雑        (Photo:@Alt Invest Com)

改元にともなう「10連休」を利用してエチオピアとルワンダを訪れた。いずれもとても興味深い体験になったが、とりあえずは旅の経緯をざっと紹介しておこう。これから旅行しようと考えているひとにも役に立つはずだ。

首都アジスアベバのボレ国際空港の手荷物受取場は大混雑 成田からエチオピアの首都アディスアベバにはエチオピア航空のバンコクや香港経由便があるが、乗り換えを含めて18時間ほどかかる。今回はドバイで1泊したが、旅の第一印象は「遠い」だ。

 下の写真はようやくたどり着いたアディスアベバのボレ国際空港。2019年1月27日に中国の援助で国際線専用のターミナル2が開業した。入国にはビザが必要だが、空港でかんたんに取得できる。

 ご覧のようにターミナルの手荷物受取場は大混雑だが、たまたま機上で知り合ったアディスアベバ在住の日本人によると、1時間程度で出られればいい方で、手荷物を受け取って空港を出るまで2時間以上かかることもあるようだ。

 海外に出稼ぎに行って一時帰国するエチオピア人が大量の荷物を持ち込むためで、ベルトコンベアを大型液晶テレビなどが次々と流れてくる。関税の関係で、家電製品は海外で購入した方が安いようだ。

 空港を出るとタクシー会社のベストを着た呼び込みがいるので、黄色の政府系タクシーに案内してもらう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)