エチオピアを観光するなら「公認ガイド制度」を活用して ぜんぶ任せておくと快適な旅行ができる! 【橘玲の世界投資見聞録】



 だが飛行機から地上を見ると、この謎はすぐに解ける。下はアディスアベバ近郊だが、地表の浸食が激しいため、切り立った崖と崖のあいだにわずかに平らな台地が残っている様子がわかる。

 こちらは北部の都市ラリベラ近郊で、広い平地に街がつくられているが、主要道路からすこし行くとたちまち険しい崖に突き当たる。こうした地形では、隣の台地に水源があったとしても、その水を引いてくることができない。この物理的制約によって、豊富な水資源がありながらもしばしば水不足に悩まされるのだ。


  エチオピアは80以上の民族集団が共存する多民族国家で、公用語のアムハラ語以外に州ごとの公用語や少数民族の言語なども話されている。このような民族・言語の分化も特異な地形から説明できるだろう。直線距離では近くても深い崖によって隔てられ互いの交流がなければ、やがて異なる言葉を話すようになるのだ。

続きはザイ・オンラインで

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)