オンキヨー(6628) の株価は急騰後、乱高下へ。 長期投資で儲かる株はいっぱいある中で、短期の 「お祭り」で資産を失う投資はもうやめよう!

オンキヨー(6628) の株価は急騰後、乱高下へ。 長期投資で儲かる株はいっぱいある中で、短期の 「お祭り」で資産を失う投資はもうやめよう!

オンキヨー(6628) の株価は急騰後、乱高下へ。 長期投資で儲かる株はいっぱいある中で、短期の 「お祭り」で資産を失う投資はもうやめよう!の画像

長期投資には適さないオンキヨー株★☆☆☆☆ (5段階中1  5が最高評価)

 オンキヨー株が人気化しています。5月20日は株価は30円でした。その後、大きく上昇し、執筆時(2019年6月24日の週)は一時80円台に到達しました。短期で3倍近くに株価が上昇したのです。

 5月14日のホームAV事業の事業譲渡のニュースがきっかけとなりました。今期の黒字転換が濃厚になったこと、そして、80億円相当(7500万米ドル)にも上る売却益への期待もあるでしょう。

 今回は、長期投資の視点で評価をしてみました。残念なことに投資判断は最低の1です。

 投資判断1の意味は、空売り推奨という意味ではありません。長期投資の対象としてはもっとも好ましくない株という意味です。つまり、株がとても割高なので売りという意味ではなく、長期で保有するのに全く適さないという意味での最低評価です。企業として低い評価を下しているのではありません。

 短期的には株価は乱高下するでしょう。株価がよく動くのでディーラーにはよいトレーティング機会を提供してくれるでしょう。

 私は長期投資の信奉者ですから、長期投資の考え方を少しでも広めたいと考えています。相場には、同社株を手がけて短期の激しいボラティリティで手っ取り早く儲けたいと考える人々が多数いることも知っています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)