アメリカの知られざる下級国民「ワーキャンパー」 の増加が意味するものとは? 【橘玲の日々刻々】

新刊の『上級国民/下級国民』(小学館新書)では、欧米先進国を中心に、「白人」や「男性」などこれまで社会の主流派(マジョリティ)とされていた一部が中流階級から脱落し、下層(アンダークラス)に吹きだまっていることを述べた。日本でも欧米から半周遅れで同様の事態が起きており、これを表わすネットスラングが「上級国民/下級国民」だ。

 アメリカの白人が「知能」によって新上流階級と新下流階級に分断されていることを指摘したのは政治学者のチャールズ・マレーで、トランプが大統領に選出されて世界を驚かせるより前(2012年)に、『階級「断絶」社会アメリカ』(草思社)で、「知識社会」からドロップアウトし貧困に陥る白人たちの苦境を報告している。

[参考記事]
●アメリカ社会は人種ではなく“知能”によって分断されている

 マレーは行動計量学者リチャード・ハーンスタインとの共著『The Bell Curve(ベルカーブ)』で白人と黒人のIQを比較し、悪名を轟かせていたために、「白人の分断」という指摘もリベラル派からかんぜんに無視されてきたが、トランプ大統領誕生後、リベラルな研究者やジャーナリストらが精力的に行なったラストベルト(錆びついた地域)の研究は、すべてマレーの後追いでその正しさを追認するものだった。

 たとえば、先ごろ翻訳されたアメリカの政治学者ジャスティン・ゲストの『新たなマイノリティの誕生 声を奪われた白人労働者たち』(弘文堂)では、所得や教育にもとづく棲み分けがアメリカ社会において歴史的な前例を見ないまでに加速してきていると述べたうえで、それがさらなる社会経済的な固定化につながる理由を、「多様な種類の人々が混ざりあうために社会的上昇の機会が減少するからでもあり、またおそらくは、チャールズ・マレーが論争的に主張するように、社会が知能指数によって分断されているためでもある」と述べている。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)