プリントネット、利回り3.4%になる株主優待を新設! ただし、同時に今期2度目の「業績の下方修正」を発表 して赤字に転落したので、明日以降の値動きに注目!

プリントネット、利回り3.4%になる株主優待を新設! ただし、同時に今期2度目の「業績の下方修正」を発表 して赤字に転落したので、明日以降の値動きに注目!

プリントネット、利回り3.4%になる株主優待を新設! ただし、同時に今期2度目の「業績の下方修正」を発表 して赤字に転落したので、明日以降の値動きに注目!の画像

株式会社プリントネット(7805)が、株主優待を新設することを、2019年8月14日の15時に発表した。

 プリントネットの株主優待は、10月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上の株主に保有株数に応じて、自社の印刷通販サイトで使えるポイント2000〜6000円分を贈呈」というもの。

 プリントネットが株主優待を新設する目的は「株主の皆様からの日頃のご支援にお応えするとともに、中長期的に当社株式を保有いただける株主様の増加を図ること、および当社事業へのご理解を深めていただくこと」とのことだ。

 新設される株主優待は、2019年10月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用され、定時株主総会後の2020年2月初旬ごろに送付予定となっている。

 ただし、プリントネットは同時に2019年10月期(通期)の業績予想の大幅な下方修正も発表している。売上高が92.26億円⇒79.83億円(−13.5%)に修正されるほか、営業利益は9300万円の黒字から1.44億円の赤字、経常利益は1.06億円の黒字から1.14億円の赤字、当期純利益は6600万円の黒字から7400万円の赤字になっている。

 なお、プリントネットは2018年10月18日に新規上場を果たしたばかりで、しかも2019年3月29日にも通期の業績予想の下方修正を発表しており、下方修正は今期2度目。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)