デイトナ(7228)、株主優待を変更!「プレミアム優待 倶楽部」が導入され、300株未満は1年以上継続保有を しないと利回りが悪化、300株以上は利回りがアップ

デイトナ(7228)、株主優待を変更!「プレミアム優待 倶楽部」が導入され、300株未満は1年以上継続保有を しないと利回りが悪化、300株以上は利回りがアップ

デイトナ(7228)、株主優待を変更!「プレミアム優待 倶楽部」が導入され、300株未満は1年以上継続保有を しないと利回りが悪化、300株以上は利回りがアップの画像

株式会社デイトナが、株主優待を変更することを、2019年8月6日に発表した。

?デイトナの株主優待は、毎年12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上200株未満を保有する株主に、『QUOカード』(1000円分)を贈呈。200株以上を保有する株主に、保有株数に応じて(1)静岡県周智郡森町特産品(2)遠州浜名湖特産品(3)自社商品(4)カタログギフトのいずれかを贈呈」というものだった。

 今後は、株主優待の内容が「プレミアム優待倶楽部」のポイントに変更される。具体的には「100株以上を保有する株主に、保有株数と継続保有期間に応じて『デイトナ・プレミアム優待倶楽部』のポイントを500〜3万3000ポイント贈呈」となる。

「プレミアム優待倶楽部」とは、ここ数年で導入する企業が急増中のポイント制度。贈呈されたポイントは、食品や電化製品、ギフト、旅行・体験など、2000点以上のアイテムの中から、好きなものを選んで交換できる。なお、「デイトナ・プレミアム優待倶楽部」の場合は、静岡の名産品やバイク関連の自社商品を選ぶこともできる。

 デイトナの株主優待の変更は、2019年12月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

 なお、デイトナは株主優待の変更と同時に、2019年12月期の期末配当予想を修正。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)