三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)の株価は 下値リスクが少なく、今後の配当性向の向上や コストカットなどで投資家に利益をもたらす!

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)の株価は 下値リスクが少なく、今後の配当性向の向上や コストカットなどで投資家に利益をもたらす!

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)の株価は 下値リスクが少なく、今後の配当性向の向上や コストカットなどで投資家に利益をもたらす!の画像

配当性向40%をメドに今後も増配を続ける長期保有銘柄★★★★☆ (5段階中4 5が最高評価)

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)は長期で「保有」とします。理由はいくつかあります。

「保有」の理由は以下の通りです。
1) 配当性向の向上が見込めること
2) 支店数や国内人員の削減によるコストカットが見込めること
3) 個人ローン強化など収益性の向上への取り組みが期待できること
4) 市場部門の含み益5000億円が対日銀へのバッファーとなること

 同社は100年後も存在します。配当5%を100年持てば投資金額を大きく凌駕します。
読者の皆様は、ぜひ、長生きしてください(医療が発達するので30年後には寿命は110才ぐらいまで生きられるでしょう)。

 それは保有の根拠を一つ一つ見ていきましょう。

配当性向30%→40%で投資リスクはさらに低くなる1)配当性向
 現状30%台の配当性向ですが、40%への引き上げを計画しています。これは嬉しいですね。

 同社は、配当利回りも高く、配当性向も低いため、減配の可能性は、ほぼありません。株価の下値リスクが限定的で、投資リスクは低いと考えます。

 配当利回りは増配によって高まります。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)