ハウス食品(2810)の株価は割高ではない! ルー、レトルト、海外の戦略から見えてきた 今後の成長性とは?

ハウス食品(2810)の株価は割高ではない! ルー、レトルト、海外の戦略から見えてきた 今後の成長性とは?

ハウス食品(2810)の株価は割高ではない! ルー、レトルト、海外の戦略から見えてきた 今後の成長性とは?の画像

今回は、ハウス食品グループ本社株式会社(2810)の戦略について書きます。

 1913年に浦上靖介さんが漢方薬の原料を扱う「浦上商店」を創業したのが同社の源流となります。漢方の原料とカレーの材料とが類似していることから、カレー事業に参入することになったのです。1928年にハウスカレーを発売。一箱180グラムで40銭で20皿分でした。「一皿タッタ二銭」と宣伝しました。

 戦後、1963年にハウスバーモントカレーが登場します。以来、同社の定番のヒット商品です。林檎と蜂蜜を入れることで、甘くなり、子供でも食べられることが評判になりました。一箱120グラムで6皿分で60円とその倍の240グラムで120円の二つが主力でした。カレーなのに甘口という斬新な発想で、後に「日本式カレー」として世界に普及することになります。

 同社のカレールーの国内シェアは現在60%です。非常に高く、同社の製品の中でも最も利益率の高い商品の一つになっています。

日本のカレールー市場は減少基調。個食化対応で生き残りを図る ところが、日本でカレールーの市場は3-4%の減少基調にあります。理由は、人口が増えないこと、日本では個食化が進んできた社会的な背景があります。ただし、同社は圧倒的シェアを背景に、ジワリとシェアを向上させつつあり、全体の市場はやや減少しつつも、同社のカレールーの売上は横ばい圏を維持しています。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)