コマツ(6301)の株価は今後50年で40倍に!? 営業利益率の高さが長期投資に適した 成長株の証。コマツはまだまだ成長する

コマツ(6301)の株価は今後50年で40倍に!? 営業利益率の高さが長期投資に適した 成長株の証。コマツはまだまだ成長する

コマツ(6301)の株価は今後50年で40倍に!? 営業利益率の高さが長期投資に適した 成長株の証。コマツはまだまだ成長するの画像

150年前の730倍の工期削減を生み出したコマツ 大分県の観光名所である青の洞門。石工たちがノミで手で掘った144メートルの「トンネル」ですが、1763年に貫通しました。工期は30年。1年で5メートルの「生産性」でした。今、トンネルはシールドマシンでは電車2編成が通れるだけのスペースを確保しつつ、1日に10メートルを掘り進めます。

 今回、ご紹介するのはコマツ(6301) (登記社名 株式会社小松製作所)です。戦後復興期にブルドーザで飛躍した企業です。

 ブルドーザは機械的な力で土砂等を押し運ぶものです。

 その後、建設インフラ分野での主役はブルドーザから油圧ショベルへと劇的に移りました。油圧システムが工業化されたのは60年代のことです。まだ、油圧の工業化の歴史は浅いのです。その後、機械式の建機は順次、油圧となりました。

 日本で油圧ショベルが大きく飛躍したのは前回の東京五輪。これは1964年のこと。都市部のインフラ投資の増大による飛躍でした。

 欧米では1960年代は、まだ機械式が主流でしたので、日本勢は油圧式の輸出で勢力をグローバルに拡大していきました。コマツなどの日本勢が油圧ショベルで、これほどまでに国際競争力をつけた背景には何があったのでしょうか。

 日本の建機が強くなった背景ですが、思いつくだけで4つほどあると思います。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)