DCMホールディングス、株主優待を変更! 優待品が 「自社商品⇒買い物優待券」に変更、同時に配布基準 の変更&長期保有優遇制度の導入も行われることに!

DCMホールディングス、株主優待を変更! 優待品が 「自社商品⇒買い物優待券」に変更、同時に配布基準 の変更&長期保有優遇制度の導入も行われることに!

DCMホールディングス、株主優待を変更! 優待品が 「自社商品⇒買い物優待券」に変更、同時に配布基準 の変更&長期保有優遇制度の導入も行われることに!の画像

【※関連記事はこちら!】
⇒株主優待+配当利回りが“10%超”の「高利回り銘柄」を紹介! 優待名人・桐谷さんや優待ブロガーの“おすすめ優待株”で作成した「高利回りランキング」ベスト3!

「DCMカーマ」「DCMホーマック」「DCMダイキ」などのホームセンターを全国展開するDCMホールディングス株式会社が、株主優待を変更することを、2019年12月27日に発表した。

 DCMホールディングスの株主優待は、毎年2月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主を対象として、日用品を中心とした『自社ブランド商品詰め合わせ』を贈呈」というものだった。

 今後は、従来の「100株以上」に加えて、「500株以上」と「1000株以上」を保有する株主を対象とした配布区分が新設されるほか、新たに「3年以上継続保有する株主」を優遇する長期継続保有優遇制度を導入。また、株主優待品の内容が、「自社ブランド商品詰め合わせ」から「株主買物優待券」に変更される。

 この株主優待の変更は、2020年2月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。なお、初回限定で、長期継続保有の優遇制度の適用条件が変更され、2年以上継続保有する株主も、優遇の対象となる(※本来は3年以上継続保有する株主が対象)。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)