大きく飛躍したカルビー(2229)の株価は直近停滞 北米や中国事業の拡大で長期的な買い判断も



 今後、カルビーの業績が中長期的に拡大するには、新領域のヒット商品開発と、海外市場の開拓が欠かせないでしょう。同社が発表した2030年までの経営ビジョンでは、2030年までに海外売上高比率を40%(現状16%)に増やすことを掲げています。

(DFR投資助言者 山本潤)

カルビーの投資判断、目標株価はメルマガ会員ページで公表しています。

この連載は、10年で資産10倍を目指す個人のための資産運用メルマガ『山本潤の超成長株投資の真髄』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、無料期間終了後には会員専用ページでさらに詳しい銘柄分析や、資産10倍を目指すポートフォリオの提案と売買アドバイスもご覧いただけます。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)