KOA(6999)の株価は高値から3分の1も、 EVや自動運転の普及で業績拡大が期待。 短期は厳しいが1年以内に底打ちし、長期で買いか

KOA(6999)の株価は高値から3分の1も、 EVや自動運転の普及で業績拡大が期待。 短期は厳しいが1年以内に底打ちし、長期で買いか

KOA(6999)の株価は高値から3分の1も、 EVや自動運転の普及で業績拡大が期待。 短期は厳しいが1年以内に底打ちし、長期で買いかの画像

KOA(6999)は抵抗器で国内シェアを三分、車載向けが強み KOA(6999)は、電気・電子回路に欠かせない抵抗器で世界有数のシェアを誇る企業です。抵抗器は電圧を分配したり、電流を一定に流したりする目的で使われます。抵抗器は、コンデンサやコイルなどとともに受動部品と言われます。同社の抵抗器のシェアは、国内ではローム(6963)やパナソニック(6752)と肩を並べてシェアを三分しています。同社の株価は2018年に2950円の高値をつけましたが、2月5日終値は1228円です。

 KOAの特徴は、自動車向けが強いことです。以前は「ウォークマン」などのアナログオーディオ機器やパソコン向けが中心でしたが、過去20年の間に自動車向けを強化する戦略に大きく舵を切りました。厳しい環境で使われる自動車向けの抵抗器は高い信頼性が求められ、安かろう悪かろうでは通用しません。安く作るより、丁寧に作って品質を高める戦略をとったのです。アジア諸国と比べて人件費が比較的高い日本で生き残るための戦略でもありましたが、功を奏しました。現在、同社の売上げの約4割が自動車向けを占め、他の産業機器も含めると売上げの過半は高品質の抵抗器が占めます。

EVや自動運転の普及で抵抗器の需要は飛躍的に増加 今後、電気自動車(EV)や自動運転の普及に伴って、自動車向けの抵抗器の需要はますます高まることが予想されます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)