スター精密(7718)、「増配」予想を発表して、配当 利回り4.34%にアップ! 実現すれば“10期連続増配” となる2020年12月期の配当額は「1株あたり60円」に

スター精密(7718)、「増配」予想を発表して、配当 利回り4.34%にアップ! 実現すれば“10期連続増配” となる2020年12月期の配当額は「1株あたり60円」に

スター精密(7718)、「増配」予想を発表して、配当 利回り4.34%にアップ! 実現すれば“10期連続増配” となる2020年12月期の配当額は「1株あたり60円」にの画像

スター精密は、2020年12月期の配当を前期の「56円」から「60円」に「増配」とする予想を、2020年2月13日の15時に発表した。これにより、スター精密の配当利回りは4.05%⇒4.34%にアップし、増配が実現すれば「10期連続増配」となる。

 スター精密は2020年12月期の予想配当を、中間配当(6月)は「28円」、期末配当(12月)は「32円」、合計の年間配当額は「1株あたり60円」と発表した。

 スター精密の2019年12月期の配当は「1株あたり56円」だったので、前期比で「4円」の増配となる。今回の増配発表により、スター精密の配当利回りは4.05%⇒4.34%にアップした。

 なお、今回の「4円」の増配は、スター精密が2020年7月に創立70周年を迎えるにあたっての「記念配当」となっている。
【※関連記事はこちら!】
⇒「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 スター精密は有価証券報告書において、株主還元の基本方針を「自己株式の取得を含む連結総還元性向50%以上を基準にDOE(連結株主資本配当率)を勘案しながら実施していくこと」としている。そして、2020年12月期の増配が予想どおりに行われれば、スター精密は「10期連続増配」となる。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)