ギフト(9279)、「食事優待券」の株主優待を拡充! 「1株⇒2株」の分割に伴う変更に加え、分割後の1単元 でも優待がもらえるようになり、最低投資額が半額に

ギフト(9279)、「食事優待券」の株主優待を拡充! 「1株⇒2株」の分割に伴う変更に加え、分割後の1単元 でも優待がもらえるようになり、最低投資額が半額に

ギフト(9279)、「食事優待券」の株主優待を拡充! 「1株⇒2株」の分割に伴う変更に加え、分割後の1単元 でも優待がもらえるようになり、最低投資額が半額にの画像

株式会社ギフトが、株主優待の配布基準を変更することを、2020年2月17日に発表した。

 ギフトは、毎年4月末と10月末時点の株主を対象に株主優待を実施しており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、自社グループ国内直営店で利用でき、メニューの1品が無料となる『食事優待券』(3枚)を年2回贈呈」というもの。

 今後も「食事優待券」がもらえることに変わりはないが、同社は2020年3月18日を基準日として「1株⇒2株」の株式分割を予定しており、それに伴って株主優待の配布基準が変更に。

 具体的には、「100株以上〜200株未満(分割前50株以上〜100株未満)を保有する株主に『食事優待券』(2枚)を年2回贈呈。200株以上(分割前100株以上)を保有する株主に『食事優待券』(3枚)を年2回贈呈」となる。

 ギフトの株主優待の配布基準の変更は、2020年4月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

ギフトの株主優待制度の変更前と変更後 (変更前)※株式分割前 基準日 保有株式数 株主優待内容 4月末・
10月末 100株以上 食事優待券(3枚)×年2回 (変更後)※株式分割後 基準日 保有株式数 株主優待内容 4月末・
10月末 100株以上
200株未満 食事優待券(2枚)×年2回 200株以上 食事優待券(3枚)×年2回 備考 ※「食事優待券」は、自社グループの国内直営店などで利用できる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)