リーマンショック後、トヨタは翌期には黒字回復。 経済ショック後のマーケット動向を見極める 4つのポイントを紹介!

リーマンショック後の市場はどうなった? リーマンショックでは金融収縮が起こり、大量の失業者が発生しました。企業の売上高も大幅に落ち込みました。例えば、トヨタ自動車の売上高は2008年3月期の約26兆円から、2009年3月期の約20兆円と22%の減収となりました。全ての上場企業平均では10%の減収になりました。過去30年間で10%の減収はリーマンショックの時だけです。

 トヨタ自動車の2009年3月期の営業利益はマイナス4610億円の赤字に転落しましたが、翌年の2010年3月期の売上高は横ばいにもかかわらず、営業利益は1475億円と黒字転換したのです。アナリストの予想は営業赤字7500億円でした。この年はドル円が110円台から90円台と急激に円高が進んだにも関わらず、トヨタ自動車はアナリストの予想を大きく覆し、黒字転換を果たしたのです。 

経済ショック後の市場動向を見る4つのポイント このように経済ショック後の市場動向はプロのアナリストでも予想を大きく外すなど、多くの投資家が動向を見誤ります。今回はそうならないように経済ショック後のマーケットを見るポイントを4つ紹介します。

●ポイント1
 減収になる企業は多いですが、衣食住に近い商品やサービスを提供する企業は減収になりにくい傾向があります。例えば、リーマンショックの時、住宅向けの新規融資金額は減りませんでした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)