リバーホールディングス(5690)、配当利回り6.6%! 上場(2020年3月24日)後の初めての配当は、記念配当 も実施され、前期比で“8.7倍”の「1株あたり35円」に!

リバーホールディングス(5690)、配当利回り6.6%! 上場(2020年3月24日)後の初めての配当は、記念配当 も実施され、前期比で“8.7倍”の「1株あたり35円」に!

リバーホールディングス(5690)、配当利回り6.6%! 上場(2020年3月24日)後の初めての配当は、記念配当 も実施され、前期比で“8.7倍”の「1株あたり35円」に!の画像

リバーホールディングスは、2020年6月期の期末配当を「未定」から「1株あたり35円」に修正すると、2020年3月30日の15時に発表した。これにより、リバーホールディングスの予想配当利回りは6.67%となった。なお、リバーホールディングスは2020年3月24日に東証2部に上場したばかりで、期末配当の「35円」には「東証2部上場記念配当」の「10円」が含まれており、今回の発表によって年間配当額は上場前の前期から“8倍超”の「大幅増配」になる。

 リバーホールディングスは、「未定」としていた2020年6月期の期末配当(6月)の予想を、普通配当「25円」、記念配当「10円」で、合計の年間配当額を「1株あたり35円」に修正すると発表した。なお、リバーホールディングスは「年1回の期末配当」を基本方針としており、中間配当は実施していない。

 期末配当の前回予想は「未定」となっていたが、期末配当予想が「35円」と公表されたことで、リバーホールディングスの配当利回り(予想)は6.67%となった。

 また、リバーホールディングスは2020年3月24日に上場したばかりなので、上場後の配当は今期が初めてとなるが、上場前の前期(2019年6月期)の年間配当額は「1株あたり4円」だったので、前期比で「31円」の増配となる。前期比の増配率は「1株あたり4円」⇒「1株あたり35円」で、なんと8.75倍に達する見込みだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)