コロナショック後の投資戦略とは? 多数の短期派は失敗し、少数の長期投資家が 生き残る! 今から始める長期投資の3つのポイントも

長期の成長株投資における重要な考え方を紹介します。相場は少し落ち着いたとは言え、VIX指数は60前後と高く、今後も乱高下するでしょう。さらなる感染拡大や経済悪化などで再び暴落し、二番底を試す局面も十分考えられます。そうした際、超成長株投資の真髄を理解し、胆力を持って臨んでください。

長期投資のポイント@ 変わらないことに重きを置く 株価は、将来得られるキャッシュフローから構成されます。今期や来期の業績といった近視眼的な要素だけでは構成されません。そのため、株価が暴落してもパニックに陥らず、永続的な経済活動を考えるようにしてください。COVID-19の感染拡大の中にあっても、世の中を見渡せば、今までと変わらない経済活動が繰り広げられています。長期投資では、変化を探し求めるのではなく、永続的なものや変化しないものを投資判断の中心においてください。

長期投資のポイントA 株価下落でも再投資利回りは改善 株価が下落しても、配当の再投資利回りは長期的に改善します。例えば、ある銘柄の株価が暴落し、含み損が20%になり、配当利回りが1%上昇したとします。その場合、20年経てば暴落しなかった場合のパフォーマンスにキャッチアップでき、それ以降は上回ります。短期の含み損にとらわれず、長期的な視野でパフォーマンスを考えることで、暴落への対処は容易になります。

長期投資のポイントB 配当利回りとその成長率が良い銘柄を選ぶ 長期投資では、配当利回りが高く、配当の成長率が高い銘柄に投資することです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)