ウエルシアホールディングス、実質”11期連続”の増配 で、配当額は11年前の6.7倍に! 2021年2月期の配当 は「1株あたり54円」で、配当利回り0.74%にアップ!

ウエルシアホールディングス、実質”11期連続”の増配 で、配当額は11年前の6.7倍に! 2021年2月期の配当 は「1株あたり54円」で、配当利回り0.74%にアップ!

ウエルシアホールディングス、実質”11期連続”の増配 で、配当額は11年前の6.7倍に! 2021年2月期の配当 は「1株あたり54円」で、配当利回り0.74%にアップ!の画像

ウエルシアホールディングスは、2021年2月期の配当を前期比で「増配」とする予想を、2020年4月8日の15時に発表した。これにより、ウエルシアホールディングスの実質的な「連続増配期間」は"10期"から"11期"に更新される見通しとなった。

 ウエルシアホールディングスが発表した2020年2月期の決算短信によると、2021年2月期の予想配当は中間配当(8月)が「27円」、期末配当(2月)が「27円」、合計の年間配当額は「1株あたり54円」となっている。

 ウエルシアホールディングスの2020年2月期の配当は「1株あたり50円」だったので、前期比で「4円」の増配となる。なお、2020年2月期の配当についても、直近の配当予想である「1株あたり46円」から「1株あたり50円」に「4円」増配されている。

 今回の2020年2月期および2021年2月期の増配発表によって、ウエルシアホールディングスの配当利回り(予想)は0.63%⇒0.74%にアップした。
【※関連記事はこちら!】
⇒「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 ウエルシアホールディングスの2021年2月期の業績予想は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を織り込んでいないという前提で「増収増益」の予想となっている。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)