ウエルシアホールディングス、実質”11期連続”の増配 で、配当額は11年前の6.7倍に! 2021年2月期の配当 は「1株あたり54円」で、配当利回り0.74%にアップ!

新型コロナウイルスはさまざまな業種にネガティブな影響を与えているが、ウエルシアホールディングスが運営するのはドラッグストアなので、業績が上向く可能性もありそうだ。実際、ウエルシアホールディングスの国内ドラッグストアの月例報告によると、2020年3月の既存店売上は6.1%増と好調。とはいえ、今後の状況は不透明なので毎月の月例報告はチェックしておいたほうがいいだろう。

 本日の「決算短信」や「増配」の発表を受けて、ウエルシアホールディングスの株価はSBI証券の夜間取引(PTS取引)では一時、当日の終値7290円より160円高い7450円(+2.19%)を記録している。明日以降の株式市場でも注目を集めることになりそうだ。
【※関連記事はこちら!】
⇒夜間取引(PTS取引)ができる証券会社を紹介! 株式市場が閉まった夕方や夜でもトレード可能なネット証券の「取引時間」や「売買手数料」を比較!

ウエルシアホールディングスの過去12期の配当の推移は?■ウエルシアホールディングス(3141)の過去12期の配当の推移期年間配当額 期年間配当額2010/88円2016/221円2011/88.5円2017/228.5円2012/811.3円2018/237円2013/813.8円2019/242円2014/816.3円2020/250円2015/29.5円2021/254円
(予想) ウエルシアホールディングスの年間配当額の推移を見ると、2015年2月期に配当が減少しており、連続増配が止まっているように見える。

関連記事(外部サイト)