「いきなり!ステーキ」のペッパーフードサービス、 株主優待券の有効期限を延長! 優待利回りは4%超も 業績低迷&新型コロナで、株価は半年前の約4分の1に

「いきなり!ステーキ」のペッパーフードサービス、 株主優待券の有効期限を延長! 優待利回りは4%超も 業績低迷&新型コロナで、株価は半年前の約4分の1に

「いきなり!ステーキ」のペッパーフードサービス、 株主優待券の有効期限を延長! 優待利回りは4%超も 業績低迷&新型コロナで、株価は半年前の約4分の1にの画像

「いきなり!ステーキ」などを展開する株式会社ペッパーフードサービスが、2019年6月末を権利確定日とする株主優待で贈呈した「株主優待券」の有効期限を延長すると、2020年4月8日に発表した。

 ペッパーフードサービスは、毎年6月末と12月末時点の株主を対象に株主優待を実施しており、内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数に応じて年2回、自社グループの店舗で利用できる『株主優待券』もしくは『自社商品』を贈呈」というもの。

 今回、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2019年6月末の株主に贈呈されている「株主優待券」の有効期限を延長することを発表した。従来「株主優待券」の有効期限は“2020年4月末まで”だったが、2カ月延長して“2020年6月末まで”になるとのことだ。

 このところ、外食優待株は次々とこうした優待券の有効期限の延長を発表している。外食大手のクリエイト・レストランツ・ホールディングスや子会社のSFPホールディングスも、そろって「優待食事券」の有効期限を延長することを発表した。また、コロワイドのように、一時的に株主優待を拡充して、外食産業に活気を取り戻すことを目指す企業もある。今後も、外食優待株の動きには注目しておいたほうがいいだろう。
【※関連記事はこちら!】
⇒クリエイト・レストランツHD(3387)、株主優待で贈呈した「優待食事券」の期限を新型コロナウイルスの影響で3カ月延長! なお、現時点の優待利回りは6.8%に!
⇒コロワイド(7616)、株主優待を拡充して、優待利回り6.76%に! 新型コロナウイルスによる外食需要減少に対抗するため、通常の2倍となる“臨時ポイント”を発行


ペッパーフードサービスの株主優待制度の詳細と利回りは? ■ペッパーフードサービスの株主優待制度の詳細 基準日 保有株式数 株主優待内容 6月末・
12月末 100株以上 株主優待券1000円分(×年2回) 300株以上 以下のどちらかを選択(×年2回)
◆株主優待券3000円分
◆自社商品1セット 1500株以上 以下のどちらかを選択(×年2回)
◆株主優待券6000円分
◆自社商品2セット 3000株以上 以下のどちらかを選択(×年2回)
◆株主優待券9000円分
◆自社商品3セット ペッパーフードサービスの2020年4月8日時点の株価(終値)は428円なので、株主優待利回りを計算すると、以下のようになる(※年2回、「株主優待券」を受け取ったものとする)。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)